淡路共正陸運株式会社淡路共正陸運株式会社

運輸安全マネジメント

main image

『環境に配慮し、安全、確実、丁寧なサービスを通じ、社会の発展に貢献します。』

安全性優良事業所認定

gmarkmini1

経営トップは、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たすとともに、交通社会の発展に貢献します。

輸送の安全に関する基本方針

  • 現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど、現場の状況を十分に踏まえつつ、従業員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底します。
  • 輸送の安全に関する交通事故削減計画の策定(Plan)、それを実行(Do)、実行内容のチェック(Check)、不備がある場合は改善(Act)を行い、安全対策を不断に見直し、全社員が一丸となり業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全の向上に努めます。

重 点 施 策

  • 構内事故の撲滅
  • バック事故の撲滅
  • 高速道路上の事故撲滅

輸送の安全に関する目標及び目標達成状況

重大事故
0件
加害事故
実績より20%削減

重大事故:自動車事故報告規則第2条に規定する事故
加害事故:過失の大小にかかわらず、当方に過失割合が発生する事故
被害事故:当方に過失割合が発生しない事故

 

年間の削減目標設定に際し、事故原因を究明し乗務員へ事故防止策の指導教育及び注意喚起を行う事で更なる事故削減を図ります。

2021年度
事故件数対比実績(件)
前年実績 本年目標 本年実績
重大事故000
加害事故362825
被害事故211724
2022年度
事故件数目標(件)
前年実績 本年目標 本年実績
重大事故00
加害事故2520
被害事故2420

年間事故防止計画

【目標】重大事故0件と加害・被害事故20%削減

【施策】目標達成の向けて各営業所で立案した施策を四半期ごとに見直し輸送の安全確保を図る。

【徹底指導する重点項目】

  • 重大事故撲滅
  • 構内で事故を発生させない確認方法と運転操作の指導
  • バック時の確認方法と運転操作の指導
  • 高速道路上で追突事故を発生させない車間距離の指導
  • デジタルタコグラフを活用した速度超過傾向者への指導
  • 飲酒運転撲滅に関する指導
  • 防衛運転の徹底

年 間 計 画